Comment

名誉校長 / フロリアン・フランス国立職業リセ ジョセフ・ピカルディ

パリのエステティックのプロを養成するハイスクールの校長として、つまり私は女性美の表現に立会う者として、特に日本との交流の中で見いだした多様性を賞賛しています。私は日本の輝きの中に、デリケートな女性の資質を見出すことができました。ベルベのジュエリーは、フランスの心と日本の心の融合を、類いまれな気品を保ちながら雄弁に語っています。…これは非凡なる成功です。

Témoin de l’expression de la beauté féminine,comme proviseur d’un lycée professionnel Parisien d’Esthétique,j’ai pu en apprécier toute la diversité,en particulier dans mes échanges avec le Japon. J’ai pu y découvrir le délicat sens des valeurs féminines dans son rayonnement Japonais. Et la bijouterie offerte par Belle Baie exprime avec une rare grace et une grande éloquence la fusion de l’âme française avec celle du Japon…C’est une grande réussite.

Joseph PICARDI

Joseph PICARDI
Proviseur honoraire
Lycée des Métiers Florian

杉野学園ドレスメーカー学院 院長 / ファッションジャーナリスト 布矢 千春(ぬのや ちはる)

奥野さんの作り出すアクセサリーは環境にやさしいというエコロジーの精神も素晴らしいのですが、一番の魅力はカラーリングです。シーズン毎の展示会でトレンドカラーが提案されるというのは、アクセサリーの中で珍しい存在です。流行色は、着る時に取り入れてみたい気持はあるけれど、似合うかどうか、勇気の必要な一面があります。でもアクセサリーなら一部ですから、取り入れただけでファッション全体がステキに見える効果は抜群。私も、自分が講演に出かける時、必ず、ベルベのアクセサリーを使うようになりました。また、本物を知っているキュレーターだったからこそ、その審美眼は信頼をおけるものだと思っています。

CHIHARU NUNOYA

布矢 千春

女優 / 現在は夫で画家の長谷川彰一氏とパリ在住 磯野 洋子(いその ようこ)

象牙ヤシの種子で作るジュエリーのブランド「ベルベ」を立ち上げた奥野良江さんに、パリのレストランで久し振りにお会いしました。コレクションの準備のために来仏したとの事でした。象牙ヤシの種子そのものを磨いたものや、種子をくり抜いて作ったジュエリーを初めて見せて頂きました。それは艶が良く、手触りもあたたかく、感じがよいものでした。フランスのデザインに、日本の女性に似合うカラーコーディネートがされたジュエリーは、発色が綺麗で可愛らしくて、その時から私は薄紅色の指輪と、その色が入ったブレスレットを使いはじめました。自然な味わいは、使う程に心癒される想いがして気に入っています。不思議な事にどんな地色にも合わせやすく、またラフな格好にもシックなものにも合わせやすくて、楽しい気分にしてくれます。そんなベルベのジュエリーを着けてカフェでお茶をしながら、行き交うパリジャンを眺めていると、ほんのひと時、ちょっと優雅な気分になれる昨今の私なのです。

磯野 洋子 YOKO ISONO